アフターピルに頼りすぎない

アフターピルは万が一膣内での射精を行ってしまった際緊急的に避妊を促す薬のことを言います。それだけ聞くと普段は避妊せずに性交渉を行い、中に出してしまったときだけアフターピルを飲めばいいと思うかもしれませんが、女性へのダメージは大きいものです。

アフターピルに頼りすぎない

アフターピルによる副作用の発症率

アフターピルとは、避妊具が破れたり避妊をせずに性交渉を持ってしまった時など、望まない妊娠を避けるために服用する緊急避妊ピルです。性交渉を持ってから72時間以内に服用し、1回服用のLNG法では24時間以内の服用で妊娠回避率は95%とも言われていますが、低用量ピルに比べ副作用の発症率も高くなります。副作用には、吐き気・頭痛・倦怠感・下腹部の痛み・めまいなどです。アフターピルを服用すると成分が吸収されて血中濃度が上がり、2~3時間後に副作用を感じ始める人が多いようです。副作用が出ると、後遺症が残るのではと心配したり、今後の妊娠に影響が出るのではと不安になる人がいるようですが、ピルの成分は二日ほどで体から抜けます。症状は時間が経つにつれ軽減され24時間以上続くことはまれです。中絶手術には精神的経済的負担の他にも、麻酔を使うリスクや手術の際のトラブルで妊娠しにくくなる危険性がありますが、アフターピルでの妊娠回避は女性にとって安全で負担の軽い方法です。服用によって不妊症になったり後遺症が残る可能性はなく、安全性の高い避妊法と言えます。アフターピルの使用後は妊娠しないから避妊の必要はないと認識している人がいますが間違いです。また、妊娠回避率を高めるために自己判断で服用量を増やしたり、別の薬剤を併用する人がいますが危険です。避妊をせず性交渉をもてば妊娠する可能性があります。アフターピルは緊急避妊薬であり、日頃から避妊に気を付けていれば頻繁に服用する必要はなくなります。副作用の程度には個人差がありますが、発症率を少しでも抑えたい人は低用量ピルの使用がおすすめです。アフターピルの特性と副作用を知り、正しく使うことが大切です。

低用量ピルとアフターピルの成分量の違い

女性主体で利用することが出来る避妊の方法のひとつとして挙げられているのがピルの存在であり、欧米を初めとして日本以外の先進国では一般的に利用されている方法のひとつです。と言うのも、ピルは女性側が積極的に利用することが出来る避妊方法となっており、性行為におけるリスクを伴っている女性を救済するための措置であるからです。そのため普及率の低い日本でも徐々に浸透しており、本格的な避妊を行うことができるようになっています。そんなピルには2種類存在しており、性行為を行う前に服用する低容量ピルと、性行為の後などに避妊に失敗してしまった場合に服用するアフターピルがあります。アフターピルは事後ピルとも呼ばれており、コンドームなど男性主体での避妊に失敗してしまった際に服用することで避妊をすることが出来るということから緊急避難ピルとも呼ばれています。いずれも避妊に効果のある成分が含まれているのですが、服用するタイミングが異なっていることから当然その成分量には違いがあります。最も大きな違いとしては、アフターピルの場合は即効性を重視して避妊成分が多めに含まれているというところがあります。そしてただ避妊するのではなく、ほとんどのものが72時間以内に服用することでその効果を発揮することができると言う特徴を持っているところです。低用量ピルの場合は名前の通り避妊薬の成分がそこまで多くないのですが、アフターピルの場合はすぐに精子を殺す必要があるので即効性と効果の高さが求められており、結果として成分を多めに配合されていると言うことになるわけです。その分副作用なども懸念されているため、出来る限りアフターピルは多用しないことがおススメされています。

アフターピルの金額

性行為をする上で一番多い避妊方法がコンドームの使用です。ですが中にはゴムアレルギーでコンドームによる避妊ができない人もいるのが現状です。そういった理由で避妊ができなかった場合、産婦人科・婦人科の方でアフターピルを処方してくれます。他にも行為中にコンドームが破けてしまった、レイプされてしまったなどのトラブルにも応じてくれます。アフターピルは性行為後72時間以内に処方する薬です。避妊率はコンドームの使用よりも高くおよそ95%と言われています。ただし保険が効かないため15000~20000円ほどかかってしまいます。未成年の場合だと保護者同伴でなくてはいけない病院もあるので、一度電話で聞いてみるのが良いでしょう。金額が高めで何とか安く手に入れたいと考えている方はネット通販でも販売されているのでそちらをおすすめします。金額は1000円弱と病院と比べるとだいぶ安くなっています。ただし早急な対応が必要な人は迷わず産婦人科・婦人科で診てもらわなければいけません。体質上必要な人や念のため常備しておきたい人にはネットでの購入がお手頃です。日本では海外と比べてアフターピルの処方はあまり見られません。吐き気等の副作用も出る可能性があることから抵抗を持つ女性が多いのが現状です。ですが最近では吐き気等の副作用もほとんどなく、服用も1錠1回と体への負担がかからないようになってきています。アフターピルは一番効果的な避妊方法と言われているだけではなく、生理にも良い影響を与えてくれます。マイナスイメージが強く見られるアフターピルですが、72時間以内に服用すれば高確率で避妊に成功する上、常備していれば相手がコンドームを持っていない状況でもムードを壊すことなく性行為に至ることができます。まだ試してみたことのない人は是非アフターピルを使用してみましょう。

■アフターピルをお得に買うならここで
アフターピルをいざというときのために常備