アフターピルは万が一膣内での射精を行ってしまった際緊急的に避妊を促す薬のことを言います。それだけ聞くと普段は避妊せずに性交渉を行い、中に出してしまったときだけアフターピルを飲めばいいと思うかもしれませんが、女性へのダメージは大きいものです。

アフターピルに頼りすぎない

アフターピルと血栓症のリスクと無排卵周期症

無排卵周期症は入学や就職などによる生活環境の変化によって生理の周期が不規則になってしまい基礎体温の変化などもなくなるので月に2回生理が来るなどの症状が起きるのですが、無排卵周期症はこの他にも月経の量が少ないまま数週間不正出血が続いてしまうなどの不快な症状があるのですが、無排卵周期症は思春期の女性や閉経直前の更年期の女性に多いとされているので、自然に完治することも多い病気です。アフターピルは緊急避妊用のピルなので継続的に服用することはありませんが、血栓症のリスクに関しては低用量ピルに比べると高くなるので水分摂取をこまめに行なったり、同じ姿勢のまま何時間も過ごすのを控えるなどしてリスクを下げる必要がありますが、特に注意が必要とされているのは喫煙をしている女性で、アフターピルを喫煙者が服用すると健常者よりもリスクが5倍になるので処方を受けることができない場合もありますが、アフターピルに関しては緊急に必要な薬なので基本的には禁煙指導をされてから処方されます。アフターピルと血栓症のリスクに関しては世界的にも研究が進められていて、日本でも多くの女性が血栓症になっているのですが、年齢や生活習慣との関連性が解明されていないので予防をすることが大切とされています。特に水分摂取に関してはピルを服用する場合には回数を多めにしなければならないとされていて、血液の流れが悪くなることで血栓ができやすくなるので、十分な水分摂取と軽い有酸素運動をしなければなりません。また喫煙は血管を収縮させてしまうので血栓が詰まりやすくなります。また毛細血管が収縮すると血栓ができるので、小さな血栓が喫煙によって動脈などに少しずつ詰まる可能性もあります。