アフターピルは万が一膣内での射精を行ってしまった際緊急的に避妊を促す薬のことを言います。それだけ聞くと普段は避妊せずに性交渉を行い、中に出してしまったときだけアフターピルを飲めばいいと思うかもしれませんが、女性へのダメージは大きいものです。

アフターピルに頼りすぎない

アフターピル服用後に消退出血!?避妊リングとは?

アフターピルは、セックスをしている最中にコンドームが外れたり破けたりして避妊に失敗した時に、72時間以内に服用することで妊娠を阻止できる緊急避妊薬です。

セックス後から服用する時間が早ければ早いほど妊娠回避の確率が高くなり、一回目を飲んだあと12時間後に2回目を飲むことで妊娠を阻止します。

アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれているので、服用することでそれが体内に入ると体が妊娠したと勘違いして子宮内膜をはがしていきます。
これを消退出血と呼び、アフターピルを服用してから早くて数日、あるいは3週間以内にこの消退出血が見られれば妊娠を回避できたことになります。

3週間経過しても出血が見られない場合には妊娠している可能性が高いので市販の検査薬で調べるか早めに産婦人科に行くことをおすすめします。

ただ、消退出血が見られたからといって、その後にセックスにしても妊娠しないわけではありません。
人工的に子宮内膜をはがしたことで、体内の排卵や生理周期が崩れているため、きちんと避妊しないと妊娠する可能性が高いです。
生理周期が安定するまでセックスをしないことが望ましいですが、安定するには2~3ヶ月ほどかかるので、その間にまったくしないというのは難しいこともあるでしょう。

その場合、避妊リングを挿入することをおすすめします。

避妊リングは、婦人科で子宮内に挿入してもらう、女性の避妊用具です。
低用量ピルに比べると避妊効果は下がるので、一緒にコンドームを使用するのが良いでしょう。

避妊リングを入れた場合には定期的に婦人科で検診が必要で、挿入から2年経つと交換しなければなりません。

しかし、コンドームで避妊に失敗した場合には、コンドームだけの避妊では不安感も伴うこともあるので同時に避妊リングの挿入をすることで精神的にも安心し、妊娠する確率を下げることが期待できるでしょう。