アフターピルは万が一膣内での射精を行ってしまった際緊急的に避妊を促す薬のことを言います。それだけ聞くと普段は避妊せずに性交渉を行い、中に出してしまったときだけアフターピルを飲めばいいと思うかもしれませんが、女性へのダメージは大きいものです。

アフターピルに頼りすぎない

アフターピルと定量ピルの服用方法の違い

定量ピルは継続的に服用するので用量が低く抑えられていて、定められた用法を守って服用を続けることで生理による症状を軽くしたり、ニキビを改善することができますが、ほとんどの場合は妊娠を防ぐ目的で使用されています。アフターピルは定量ピルと比較すると女性ホルモンの増加が早いので緊急避妊のためだけに使用されています。アフターピルを定量ピルのように継続的に服用してしまうと副作用のリスクが高まるので医療機関などでも継続的な処方はされていないので、アフターピルの処方は1錠ずつが基本となっています。アフターピルは一時的に女性の体を妊娠状態に近づけることで避妊をするのですが、成功した場合には1週間程度で生理による出血があるのですが、避妊ができなかった場合には生理はありません。アフターピルはセックスを終えてからなるべく早く服用するのが良いとされていて、24時間以内ならば95%以上の確率で避妊が成功します。避妊をする場合には必ずコンドームを装着するのが基本なのですが、低用量のピルを服用することで避妊をすることもできます。計画的に出産したい場合などに用いられるのですが、年齢が高くなると妊娠をするのが難しくなるので婦人科などを受診して医師によるカウンセリングなどを受けてから出産などの計画をたてることが重要で、妊娠に関してはピルの服用を中止するだけで可能な状態になるので、不妊の心配はありません。アフターピルは一般的に処方されるピルとは全く成分が異なっていて、黄体ホルモンだけしか含まれていないので中容量ピルのように吐き気や頭痛が起きにくくなっています。アフターピルは4時間以内に嘔吐してしまうと効果がないので、もう一度婦人科を受診して処方を受ける必要があります。